昨日のお葬式の帰り道のことです。

みんなでバス移動していた途中、窓の外にフワリフワリと楽しげに浮遊する物体を発見。
またまた~、睡眠不足の幻覚でしょ、と思われても仕方のない一文ですが、
ちゃんと目撃者多数なので本当の話です。

別におどろおどろしいものではなく、フワフワの綿毛のような誰もが目視できる物体。
過去にも私は何度もその物体に遭遇してきたので、
ごく普通に一般的な存在だと勝手に思い込んでいました。

それに、小さい頃に持っていた「てんさらばさらてんさらばさら」という絵本はまさにソレが
登場する話だったので、勿論実在するもので、
正体もキッチリ科学的に明らかになっていると思っていたわけです。

kesapasa07102.jpg 
語感の雰囲気からお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
私が昨日久しぶりに見かけたのは「けさらんぱさらん」のことです。

「幸運を呼ぶ妖怪」だとか「琵琶の木の妖精」
だとか、色々な解釈があるのですが、
未だにハッキリしたことは不明でUMA(未確認生物)
またはUMP(未確認植物)の一種と数えられています。

「あ、けさらんぱさらん!!」と何気なく私が言ったところ、
従姉妹の尚ちゃんをはじめ、泰人さんも「え、あれってそんな名前なの?」というリアクション。
何か正式名称があるのかも、と思ってスマホ検索をかけたところ…

ウィキぺディアにも「正体不明。謎の物体」という内容のことしか書いてありません。
こうなると気になって夜も眠れません。
お葬式の後って色々考え込んでしまって不眠に陥るのですが、
昨日も3時まで眠れませんでした。

私が調べうる限りの全力で調べたところ、大きく分けて植物性、動物性、鉱物性の3種が存在。
それ以外にも菌類に分類されるもの(これはおそらく普通に菌だと思われ…笑)
昆虫類に分類されるもの、などもあるようですが、私が今まで「けさらんぱさらん」と認識
してきたものはどうやら植物性に属するもののようです。今回見たものもソレ。

kesapasa07101.jpg

写真はA WONDERFUL INMATEよりお借りしています。

そして、見逃せないところが、
「見た人には幸運が訪れる」
とか「捕まえて繁殖させると幸せになる」といった類の言い伝えが多数あること。
なんだってーーー!!!そんなこと知ってたらもっと今まで何度も本気で捕獲にかかれたのに(笑)

繁殖させるって、どうやるの?!という感じですよね。
白粉(おしろい。添加物や香料、色素が入っていないものが好ましいらしいです)
を振りかけて通気性の良い桐の箱に入れておけば増えるんだとか。
嘘のような話ですが、本当に増やしている人が日本にいっぱいいて、
中には先祖代々ひっそりと引き継いでいる家庭もあるそうです。

で、一年に一度しか桐の箱の中を覗いてはいけないとか、
けさらんぱさらんを持っていることを誰にも知られてはならない、とか
真っ白なけさらんぱさらんは幸運をもたらすけど、くすんだ色やグレーや茶色のものは
不運をもたらす、とかいう情報を得て、ますます欲しくなる始末…。

でも、見ただけで幸せになれるという言い伝えもあって、
捕獲こそしませんでしたが(笑)ちょっと興奮しました。

アザミの綿毛だという説が植物性ケサランパサラン現実派有力解説なのですが、
アザミの綿毛ってあんなに真っ白じゃないんですよね~…。
確かなことは分かりませんが、寂しがったり、辛がったりする気持ちを
ケサランパサランの存在が少しだけ和らげてくれたことは事実。
それは、おじいちゃんからの最後の贈り物だったんだ、
ということにしておきたいと思います。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/896-774ae896