【銀座天一】…。思い出深い天婦羅の店。
というのも、私は就職活動中けっこう頻繁に東京へ行っていて
面接の帰りに美味しいものを食べて帰るのが唯一の楽しみでした…。

(自分にご褒美的な…)

まぁ、学生なので(と言いつつ学生の分際で、とも思う店チョイス)
ランチだし、天丼だし。

当時一緒の高校出身で他大学に進みつつも、学生時代よく遊んでいた
Dという男の子と同じ会社の面接で、確か最終面接か何かも一緒に行っていて
その日も「なんか美味しいもん食べて帰ろう!!」という話になったのだったと思います。

銀座の街に詳しいワケもなく、ブラブラしてちょうど通りがかったのが
「天一」さんでした。

お店の前には「おまかせ天丼」と書いてあり、天丼ならまぁいくら銀座でも
払えないほどの額ではあるまい、と思い値段を見てみると…

「特製天丼 4200円」

え!!!4200円!!!
天丼でしょう?!

一瞬も二瞬も(?)怯んだ私とDで、一旦その場を離れてみたのですが、
「4200円て、どんだけ旨い天丼なんやろうなぁ…」
「そりゃ、さぞ美味しいんやろうねぇ…」
とウットリする関西から出てきた学生たち…。

あの店の前を何度もウロウロして(挙動不審すぎる)
「せっかく銀座まで来たしなぁ(交通費は会社持ちでタダなのに)」
「それに、今日の手ごたえやと、受かってそうやしな。」←厚かましい…。
「よし、行くか!!」
と入った店内はとても凛とした雰囲気で、ボルドーのカシミアのニットを着た
おじいさんが昼からお任せでカウンターの職人さんと談笑しつつ、
優雅にランチを楽しまれていました。

「銀座ってああいう人が遊ぶところなんやろうなぁ~・・・」
とボソボソDと納得し合ったイメージは、
今もそのまま私の「銀座の似合う男像」となっています。

あれから何年かしてから神戸の天一さんで職人さんと話す機会があり、
ずっと気になっていたことを聞いてみました。

「あの~、銀座の天丼はなぜ4200円なのですか?」
「(笑)海老が違うのと…あとは…場所代です」
「なるほど!!」

やっぱり銀座の地価って凄いのねぇ~と思ったのでした。
今となっては大きなファストファッションの店舗もあって、
一大ファッションストリートな雰囲気ですが、路地やテナントビル内にある
昔からの名店にはずっと頑張っていって欲しいと切に願います。

とか思いながら天一神戸そごう店で食べた天婦羅ランチ。

196448_373163326092461_1618024080_n.jpg 

鱧やら穴子やら入っていて大満足のボリュームでした。
これに赤だし、ご飯、小鉢がついて1600円ほど。
かなりお値打ちなのでは。
若いカップルからご高齢の方まで、天婦羅ファンの層は厚かったです☆
久しぶりの天婦羅に泰人さんも大満足の様子。

三宮で気軽に天婦羅を楽しみたい時の手札に持っておきたいデータです。
それから、お昼でもカウンター天婦羅もあります☆

カウンター天婦羅だとついつい食べ過ぎてしまいますが、
テーブルの定食なら安心(笑)…とは言っても単品注文のメニュー表が
テーブルにも置いてあって、かなり真剣に見ていた私たちでした…。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/945-3b03c5e9