最近、ふと自分のブログを読み返していて…
あることに気が付いたのです。

ブログだけではなく、twitterやfacebook、メール、普通の手紙にまで(!!)
(笑)を多用しすぎ!!

「(笑)」だけではないのです。「w」とか「(爆)」とか。(全て笑う、という意味です)
「コレ、使わなかったらどのぐらい不便なんだろう」
とふと思ったのでここ2日ほど意識的に使わないことにしてみたのですが、

結果…物凄く不便です。

何気なくどれほど(笑)を使っていたか、自分でも驚くほどです。

皆さん、いかがでしょうか。普段のメールや、SNSへの書き込みに
(笑)及び、wを全く使わずにうまく自分の感情を表現することは、予想以上に難しいです!!

たとえば、「今度みやすでステーキご馳走してよ」とメールするとしましょう。
ちょっと、いや、かなり厚かましいカナ?と思うようなお願い事の時に(笑)は大活躍します。

比べてみましょう。

①今度みやすでステーキご馳走してよ。
②今度みやすでステーキご馳走してよ(笑)

②の方が明らかに「へへ、言ってみただけですやん~」という感が出ていますよね。
一方、①は「ご馳走してよ?!約束ですからね…必ずですよ…」
という執念深さすら感じてしまいます。

では、(笑)を使わずに軽い感じにするにはどうしたらいいのでしょうか。
私がこの二日間多用したのが「☆」なのですが、これも、どうも日本語の表記として
表現力に乏しい感があります。

ワケの分からんことを言わずに(笑)を使えばいいやん、という声も聞こえてきそうですが、
ブログを書いたり、文章を書くことが好きだと公言している以上は
自分の能力を高めるためにも、(笑)の多用は避けてみる必要があると思ったのです。
私の知る限りでは書籍の世界の中では(笑)はまだ認知されていないようですし。

そう…(笑)はいいところばかりではありません。
読んでいる側とのテンションに差がある場合、予期せぬ(笑)は読み手にとって
ストレスにすらなる場合があるということが分かりました。

例えば、書いている側(私)は
「はい、皆さんここ笑うところですよ~」(笑)

と書いているのに対し、それが大してウケていなかった場合…。

読者の方は「ハ??何が(笑)ですか。強制ですか?!どこで笑うかは私が決めるわよ。」
となりかねないのです…。
ましてや、(爆)=大爆笑の意。だとどうなりますか。
「(爆)??いやいや、そんな面白くないし。」
とか冷たいテンションで言い放たれたら…。
怖い。怖すぎる。

また、(笑)は何を言っても許されるで免罪符はないってことも重要です。
例文:昨日腹が立ったから椅子をブチ壊してやったわ(笑)
この場合の(笑)はもはや廃れ感もある「テヘペロ」的な使われ方です。

普通に考えて「あ、コレはちょっと引かれてしまうかな~」という内容のことを
書いた文末につける(笑)は「アレ、こんなこと書いてるけど、もしかしてジョーク?」
と思わせてくれるような便利さがある半面、相手の方のテンション次第では
「何この人、ドン引きなんですけどーーーー」
と思われてしまうことすら発生するという。完全逆効果なのです。

かと言って、(笑)の便利さはもはや、なくてはならなほど。
目上の人や、仲良くなって間もない方、お友達、と言うには
恐縮なような方にちょっと踏み込んだコメントをしたりする時は
(笑)があるとないとではエンターキーを押すまでの時間が全く違ってきます。

全く使わない方もいらっしゃいますよね。
意識的にそうされているのか、もしくは「w」の存在をご存じないのか…。

使わないでも正しく感情を表現できている人は凄いです。
私なんて、普段の性格が大雑把だからか、ここ最近の(笑)封印によって
「機嫌悪いのかな…」と思われている可能性も大です。

どこかの中学校の時事問題の珍回答画像がfacebookで出回っていたのですが、
「www」の意味を答えなさい。の回答を「(笑)(笑)(笑)」
(大人が作ったヤラセ画像だったのかもしれませんが)
私はアレを見てハッとしましたよ…。

だって「http://www~~~」なら「ワールドワイドウェブ」と答えられるけど、
「www」と書かれていたら「大笑い」と答えない保証はない…。
そもそも、それって問題が悪いのでは、とすら思ってしまいそうです。

普通に使う分には便利な(笑)(w)または海外帰国子女っぽく装いたい人は
lol何と言ってもコレですね。laughing out loud(声を出して笑う)の略。
大笑い、だとlolcanoというのがあるらしいですが、コレを使っている人に
まだ遭遇したことがありません。(火山のvolcanoにかけてある)つまり、
「爆発するように笑う=大爆笑」ですね。

(笑)やwをSNSやtwitterで全く使わないのはコミュニケーションをとる上で
非常に不利になりますが、(え、何この人。怒ってるの?!)と思われないとも限らない。
使いすぎ、及び頼りすぎには十分に注意したい
新日本語だということがここ2日ほどで痛感出来ました。

2日と言わずとも、1日でも使わない日を過ごしてみてみると、
(笑)の便利さが身にしみますよ。



 

★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.11.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/971-98d2254a